ペット・動物・犬1ページ:SEO-ACCESS-UP

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

ペット・動物・犬:サブページ

カテゴリー

ペット・動物・犬登録サイト一覧

 このページは、SEO-ACCESS-UPのペット・動物・犬カテゴリ(1)ページです。ペット・動物・犬(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、SEO-ACCESS-UPは、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはペット・動物・犬:2ページで表示しています。
この続きはペット・動物・犬:2ページで表示しています。

 キャットフード:何年も前から菜食主義キャットフードが販売されている。これは主に菜食主義者である飼い主をターゲットにしたものである。菜食主義キャットフードに対してはほとんどの獣医師が反対している。猫は肉食動物であり、肉からでないと十分な量を摂取できない栄養素を必要としているからである。そのような栄養素の中には、タウリン、アラキドン酸、ビタミンA、ビタミンB12、ナイアシンが含まれる。これらは植物性材料からは十分得られない。もっとも、猫はこれらの多くを合成することはできる。これらを適切に添加したとしても、多くの菜食主義キャットフードには他の問題もある。尿が酸性になる問題は肉ベースの飼料では起りにくい。若干のメーカはAAFCOのキャットフード栄養組成基準AAFCO'sCatFoodNutrientProfileに合格しているというラベルを貼っているが、それ以外のメーカは製品単独で用いることを勧めず、他のものを足す必要があるとしている。この指示に従わず後者を総合栄養食だと思い込んで、愛猫を栄養失調にした経験を持つ飼い主も多い。菜食を猫まで押しつけるのは菜食主義の自分に肉食を強制されるような物であり、自己中心的な行動といえる。「キャットフード」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』( 2012年12月5日 (水) 08:24 )

このページの先頭へ